小学生コース

身近なテーマにおいて相手と対話できることを目指します。
「読み」「書き」をさらに強化していきます。

ペッピーキッズクラブの小学校中学年コースの特長

2020年英語教育改革にマッチしたカリキュラムとテキスト

カンタン英語習得法

レッスンテキストとワークブック、ライティング練習用のWriting Notebookがレッスン時の持ち物です。DVDはお家で何度も見て学習するのに効果的。

小学校中学年コース教材紹介7

1単元(ユニット)は4回のレッスンで完結します。そのうち3回は日本人講師、1回は外国人講師が行います。

小学校中学年コースの目標・目指すスキル

  • 将来の夢について表現できる
  • 自己紹介、家族紹介などについて、3、4文でスピーチができる
  • 身近な話題について、2往復程度の会話ができる
  • 4~6文程度の説明文や3往復程度の会話文などの内容を理解したり、読んだりすることができる
  • 習った簡単な単語や基本的な文を読んだり、書いたりすることができる
  • Phonicsルールに親しみ、進んで単語を読む意欲を持つ
  • 英検5級にチャレンジ

具体的な構文・学ぶ英語フレーズの例

  • What do you do on Sundays? – I play the violin.
  • I want to be a soccer player. What do you want to be?
  • This is my father. He is funny.
  • What does he do after dinner? – He watches TV.
  • Whose notebook is this? – It’s Tom’s notebook.
  • What are these? – They are ostriches.

小学校中学年コース概要・授業料

対象 小学3年生から
レッスン時間 1回60分×週1回
講師 日本人講師、外国人講師によるレッスン
レッスン形態 7~12名程度のグループレッスン

小学校中学年コースのペッピーキッズの声

渉琉(ワタル)ちゃん 長久手教室

4歳から通い始め、もう5年経ちました。最初の1年は毎週英語を使った遊びの感覚で通い、いろいろな単語を覚えていきました。
2年~3年後は妹に先生の真似をして英語を教え始め、お風呂の中でアルファベットを2人で大きな声で復唱していました。同時にTECS検定も受け始め、A判定の喜びを感じつつ、今年から文法コースも自主的に行きたいと言ってきたので通っています。
習い事で英語・習字・スイミングに通っているので『部活動が始まったらどれか辞める?』と娘に聞くと『英語は通う!』と言ってきました。英語が好き⇒得意⇒活かせるという様にこれからも成長して欲しいと思います。

レッスンの様子

小学校中学年コース教材紹介2

DVDを見ながら身近な興味・関心のある話題について展開されるまとまりのある会話を聞いて、この単元(ユニット)で学ぶ新しい単語や文に触れます。
【拡大画像を見る】

小学校中学年コース教材紹介3

その日の基本文型をリズムに合わせて発話練習します。単語1つ1つを個別に覚えるだけではなく、フレーズをまとまりで身につけます。
【拡大画像を見る】

カンタン英語習得法

ペッピーキッズクラブが取り入れている独自の発音習得法「ソルマーク式PRC-メソッド」レッスンでは唇の形や下の動きを自分の手で確認しながら発音を学びます。

ピクチャーカードを使って、実際に声に出して自由に話してみます。今日習った英語表現が身についたかどうかを確認します。

小学校中学年コース教材紹介4

基本文型が発音できるようになったら、次はDVDや講師の英語を聞いて正しい答えを線で結ぶなどのアクティビティを行います。聞いたり考えたりしながら英文を身につけていきます。
【拡大画像を見る】

小学校中学年コース教材紹介5

日本人講師のレッスンでは、その日のレッスンのまとめとして、聞き取り問題によって、理解度・定着度を確認し、高めます。
【拡大画像を見る】

小学校中学年コース教材紹介6

小学校中学年なので自宅学習の習慣もつけたい時期ですね。ホームワークではwritingの復習をしたり、DVDを見て答える練習などいろいろなパターンの宿題が用意されています。レッスンの最後にはどこを自宅で学習してくるか講師がお伝えします。
【拡大画像を見る】


2020年英語教育